スウェディッシュグレース80周年に新色ローズが登場

| 2010-09-10

テーブルウェアのローストランドより、スウェディッシュグレースの新色ローズが発表されました。1925年のパリ世界博覧会に出展されたスウェーデンデザインは「スウェディッシュグレース」と賞賛され、その後1930年のストックホルム展はモダンで機能的なデザインが国際的に注目されるきっかけとなりました。一般向けのテーブルウェアとしてルーシー・アデルボリがデザインしたスウェディッシュグレースもストックホルム展でデビューし、それ以来80年経った今でもスウェーデン人に愛され続けているシリーズとして変わらない人気を保っています。シンプルで飽きの来ないデザインは普段使いに合っていて、スウェーデン人の各家庭に必ずあるといってもいいほどの人気シリーズです。アイスブルー、サンドベージュ、メドウグリーン、スカイブルー、スノウホワイト、シーブルーの6色に、デビュー80周年である今年はローズが加わりました。大小のマグカップ、プレート、ボールと、使いやすいフォームが揃っています。

Swedishgrace1 Swedishgrace-6color

Swedish Grace Tea
バニラとローズ入りのスウェディッシュ・グレース特製グリーンティー

新作発表の会場Coffice(オフィスとコーヒーを造語した新しいタイプのオフィス兼カフェ)では、フラワーアーティストのグンナル・カイ氏によるスウェディッシュグレースと花とのアレンジが公開されました。ローズカラーに合わせた花の配色が、テーブルウェアを素敵に彩っていました。写真撮影はウェディングフォトグラファーであるピーター・ブルセリドです。

Share

Tags:

Category: 北欧デザイン&インテリア

Comments are closed.