ていねいに美しく生きる

| 2012-09-07

サイトの運営者から発信する「コラム」のカテゴリーを作りました。外から得る情報だけでなく、自らが発信するメッセージも伝えていきたいと考えています。

サイト運営を始めてから10年が経ち、仕事に迷うことも増えるようになりました。人生も後半戦を迎え、これからどのように仕事を進めていくべきか、どのように生きて行くべきかが大きなテーマになってきました。他人にふりまわされたり後悔したりすることのないように、日々考えながら1日1日をていねいに暮らしていきたいと思います。

先日日本から訪ねて来られた方と深い話しをし、今後の人生目標を「ていねいに美しく生きる」としていこうと思っています。最近の仕事は価格競争に奮闘されることが多く、1円でも安いものを探したり、安く仕事をしてほしいとお願いしなければならなかったり、そんな状況に少々疲れてきました。こんな時代だから仕方ないと言われますが、人々は本当に安いものを求めているのでしょうか。安くても飽きてしまったりすぐに捨ててしまうものに、本当に価値があるのでしょうか。私が良い商品に出会って感動するのは、決して安いものに出会った時ではありません。デザイナーさんの思いが伝わってきて、その商品の価値や有り難さを身を以て感じた時です。その感動が高ければ、価格はそれほど重要ではありません。むしろ、より多くのお金を払ってもいいと思うくらいなのです。こんな時代だからこそ無駄使いをせず、自分にとっての本物を手に入れるべきなのではないでしょうか。きっと、本当に価値のあるものを探し求めている方はいらっしゃると思いますので、これからはそのような方々に感動を与えるものをていねいに紹介していきたいと思っています。北欧のデザインは、やはり世界の中でもトップクラスです。お金儲けを目的としたものではなく、作家自らが身を削るように作り出し、人に感動を与えてくれるすばらしいデザインがたくさんあります。

写真の女性はどなただろうかとお思いのことでしょう。Torun Bülow-Hübeさんというミッドセンチュリーに活躍したスウェーデンのジュエリーデザイナーです。ジョージジェンシェンに彼女のデザインしたジュエリーが発表されていて、今でも根強い人気があります。彼女のオリジナルジュエリーはヴィンテージとして高値を付けています。「ていねいに美しく生きる」目標の女性として、彼女の姿が目に浮かんできました。年を経てなお美しいジュエリー作りに励まれ、ゴージャスに着飾るのではなく、女性を誇り高く美しく見せるためのジュエリーを数多く遺した方です。彼女のジュエリーは決して安くはありませんが、私自身の価値を高めるためにいくつか手に入れました。そして、彼女のジュエリーを身に着けることで、自分自身が誇り高くなり、自信を持つことができるのです。自分の身につけるものや身近にあるものは、自分の価値を高めるものにしていきたいと思っています。

Share

Tags:

Category: 北欧ライフスタイル

Comments are closed.