クリエイティブ一家による三人展、スウェーデン大使館にて

| 2012-10-22

東京のスウェーデン大使館では、10月30日(火)から11月4日(日)まで、東京デザイナーズウィーク期間中の6日間、スウェーデン大使館、スヴェンスク・フォルム(スウェーデン工芸デザイン協会 所在地:スウェーデン・ストックホルム)・スウェーデン文化交流協会 (Swedish Institute) ・プラスライセンス&デザインTOKYO(所在地:東京都港区麻布十番)の共催による、アンナ・ヘーリング、スティーナ・ヴィルセン、ポンペ・ヘーデングレーンの三人展 「Sweden in style – STOCKHOLM GRAPHIC INTERIORS(ストックホルム発グラフィックとインテリアの融合)」を実施いたします。「Sweden in style 」は、スヴェンスクフォルムが、東京デザイナーズウィーク期間中に、スウェーデン大使館、およびその他のローカルパートナーとともに実施する一連のデザインイベントで、 「STOCKHOLM GRAPHIC INTERIORS 」は、その大きな柱となります。

2007年に誕生した「リトルピンク&ブロキガ」は、2011年春より日本でも商品化が進められていますが、幼いころから仲良し姉妹だったアンナとスティーナにとって、最大のコラボレーションブランドです。今回の展覧会では、 「リトルピンク&ブロキガ」作品の展示はもちろん、家族連れの来館者にも楽しいひとときを過ごしてほしい、というクリエーターたちの願いから、子どもたちの遊びのコーナーも設置されます。詳しくはこちらをご覧下さい。

現在「リトルピンク&ブロキガ」の商品はノルディックギフトでお求めいただけます。

 

Share

Tags:

Category: 北欧ライフスタイル

Comments are closed.