グロービッシュのススメ、シンプルで実用的な英語

| 2013-01-02

 

English and Globlish

Globish Homeに面白いイラストがありました。英語で言わんとしている意味(トイレに行きたい)を簡単にグロービッシュが表現しています。相手にとっても、ゴチャゴチャ説明されるより簡単に言ってもらった方が分かりやすくて助かりますし、イラストのように緊急の場合は特に便利な英語なのです。

今年は英語を何とかしよう、と思っている方も多いと思いますが、今までどうしても英語が身に付かなかった方におススメなのが、このグロービッシュです。グロービッシュが唱える1500語だけで全ての英語が理解できるわけない、と賛同されない方も多いですが、グロービッシュはあくまでも初心者や英語を話せるようになりたいという人のための英語です。日本人が英語を苦手とするいちばんの理由は、英語に対してかまえてしまうことです。せっかく「それなら私にもできそう」と思ってその気になったところに水を差すようなことを言うと「やっぱり無理か」となってしまいます。それがいちばん残念なことです。とにかくいろいろと考えずに英語を始めてみて下さい。また、難しい語彙を使った英文を覚えるのはおススメしません。英文を覚えるとしたら、自分の分かる語彙に置き換えて覚えた方がずっと身に付きます。

グロービッシュが使えるようになると、英語はこれが全てではないということはおのずと分かってきます。次のステップに進むのは、それからでいいのです。英語学習とは、高い山を登って行くのに似ていて、ふもとから頂上は見えません。見えないことで初めから諦めてしまうのですが、ところどころ景色のいい場所があり、そこはいちばん下からでも見えて、そこまでは登れそうと思います。まずはその場所(グロービッシュ)まで目指してみることです。

英語を話す環境の圧倒的に少ない日本では、なかなか実践力が身に付きにくいかと思います。そこで留学をしたい人は多いと思いますが、初心者がいきなり英語ネイティブ国に留学するというのは、子どもが企業の会議に出席するようなものです。可能であれば、レベルに合わせた留学先を決めるのがおススメです。初心者や初級者は、最近人気の高まっている格安フィリピン留学で基礎力を付けるのが良さそうです。フィリピンで一般会話がだいぶできて中級レベルになったら、オランダや北欧など分かりやすく訛りのない非ネイティブ英語を話す国で意思の疎通の訓練します。何不自由なく英語が操れる上級レベルになったときに初めてネイティブ英語の国に留学をする、というパターンが最もおススメです。英語ネイティブ国では英語を習うのではなく、英語を使って専門的なことを学ぶことこそ留学する意味があります。つまり、自分の英語レベルに合った留学先を見つけるのが最も良い方法です。

英語は話せるだけでは意味がありません。英語でお互いに理解し合えてこそビジネスがうまく行きます。グロービッシュで英語での意思の疎通ができるようになったら、次のレベルに進む前に、ビジネスをしている国の文化を学ぶことが先決かもしれません。グロービッシュが出来ればビジネスは成り立ちますので、ビジネスをより成功させるためには、その国の文化や人々の考え方を知ることがとても大切になってきます。グロービッシュが使えるようになれば、ビジネスを進めながら英語力も自然と高まっていきます。

ところで、英語の実力(例えばTOEICの点数)は右上がりには上がっていかず、階段のように上がっていきます。つまり一定の実力が付くまでは、しばらくの間は力がついた実感がありません(TOEICを何度受けても点数が変わらない状態が続く)。力が付いた気がしないので途中で挫折しがちですが、ここを踏ん張って続けていると、ある日突然ポンと点数が上がります。語学は継続こそ力です。

グロービッシュのススメ1、英語の苦手な方に最適な英語取得法
グロービッシュのススメ2、英語を英語で理解する
グロービッシュのススメ3、英英辞書を使う
グロービッシュのススメ4、英文法を英語で学ぶ
グロービッシュのススメ5、子供の英語教育
グロービッシュのススメ6、リスニングの学び方
グロービッシュのススメ7、話せるようになるには

Share

Tags: , ,

Category: 北欧式グロービッシュ英語学習のコツ

Comments are closed.