スカンジナビアン・デザインセンターこぼれ話

| 2015-09-03

sscandinavian design center

北欧最大級のオンラインショップ、スカンジナビアン・デザインセンター。以前からキャンペーンなどの折に時々日本語でのサポートを手伝っていましたが、期間限定で本腰を入れてサポートすることになりました。当初は商品情報をメインとした日本語でのブログとインスタグラムを立ち上げる予定です。

スカンジナビアン・デザインセンターはヨーロッパのお客様がいちばん多いのですが、最近韓国での人気が高まっています。韓国で北欧デザインブームが来ていることもあり、韓国語でのブログやインスタグラムを立ち上げたところ、グッと訪問者が増えたそうです。そこで、日本市場にも力を入れたいということで、サポートに関わることとなりました。

スカンジナビアン・デザインセンターとの付き合いは10年になります。まだオンラインショップが立ち上がって従業員が7名程度だったころに、CEOのヨルゲンさんに初めてお会いしたのが始まりです。今では従業員は50名を超え、北欧を代表するオンラインショップへと成長しました。

今週は、初めて本社のオフィスを訪ねています。オフィスは南スウェーデンのカルマルという、昔ながらの街並みを残した片田舎にあります。スウェーデンで2番目に大きなエーランド島へ長い橋でつながっています。

kalmar-land

kalmar-slott

kalmar-street

kalmar-bridge

こののどかな街の片隅にある本社では、13000アイテムを超える商品がここに集められ、世界からのオンラインでの注文を受けつけています。注文された商品をていねいにパッキングして、世界各国に発送しています。海外への発送には、より確実な緩衝材を使って梱包しています。特に日本からの注文には、黒くてガッシリした緩衝材を使い、割れ物などの破損がないように最善の注意を払っています。

package1 package2 package3

オフィスは北欧らしい明るくてシンプルなインテリアです。デスクの高さが調整できるので、立ってもすわっても仕事ができるのは、動きが取りやすく、北欧では一般的です。ヨーロッパ各国からのインターンも迎えたインターナショナルな環境です。スウェーデン語を話さない人がひとりでもいれば、すぐに全員が英語に切り替わります。スウェーデン人の英語の上手さには脱帽します。

office1

office4

office5

朝8時には多くの人がすでに出社していますが、16時を過ぎるとポツポツと人がいなくなり、18時はほぼ誰もいなくなります。コーヒータイムのFIKAやランチで思いっきり社員同士のコミュニケーションを取り、仕事が終わったら一目散に家に帰ります。仕事の後に飲みに行くという風習は全くありません。

来週からはストックホルムからサポートすることになりますが、これからもたまに「こぼれ話」をアップしていこうかと思っています。

 

 

Share

Tags: , , , , , ,

Category: 北欧発のオンラインショップ

Comments are closed.