スウェーデンの社会システム、移民の場合【ニルスの摩訶不思議な旅】

| 2016-08-01

simon_paulin-greeting_ceremony
©Simon Paulin/imagebank.sweden.se

写真は、毎年6月のスウェーデンのナショナルデーに、スウェーデン国籍を取った移民が市庁舎に集う式典の模様です。スウェーデンは移民の受け入れに寛容ですが、問題も増えています。シリア難民に永住許可を与えると発表してから、スウェーデンに入国しようとする難民が増えています。当初は歓迎ムードだったのですが、最近はあまりに増えすぎていろいろ支障も起きています。

ニルスの摩訶不思議な旅で執筆した「移民の場合」は2002年に書いたものですので、現在とは事情が異なっていることもありますが、それでもあえてこちらにご紹介させていただきます。スウェーデン語学校のシステムは多少変わっていますが、全体的な事情はそう大きく変わっていません。移民として、スウェーデン語を無料できちんと学ばせてもらえたことは本当に有難いことです。日本人は移民というより、自分の意思でスウェーデンを目指してきたわけですから、自国のやむおえない事情でやってくる移民難民とは全く状況が異なります。いつでも自国に帰れる日本人は、移民としてもかなり恵まれた境遇と言えるでしょう。

Share

Tags: , , , , , ,

Category: 北欧ライフスタイル

Comments are closed.