幸せの決定権は自分にある、北欧の魔法の言葉たち

| 2017-10-05 | 0 Comments


出典 INDEPENDENT

今日、目に飛び込んできたMYLOHASさんの記事に、ちょっと釘付けになりました。

なぜかというと、そこには「ラゴム/Lagom」という言葉が刻まれていたからです。

「ラゴム」はスウェーデンでとてもよく耳にする言葉です。

正確に訳すのが難しいのですが、「ちょうどいい」という意味合いを持ちます。

MYLOHASさんの記事にもあるように、

「これがちょうどよい」「ほどほど感」という意味なのですが

北欧の人々が感覚的に思う「ちょうどいい」の加減が分かりづらい言葉なんです。

なぜかというと、人によって「ラゴム」の加減が異なるからです。

まさしく「自分が物事の決定権を持つ」ことで

自分の中で「ちょうどいい」加減を知ることが大切なのです。

 

日本では受け身の場合が多く、自分が物事の決定権を持つ場面はあまりないように思います。

子どものころから、決まった物事の中でその通りに生きていくように育ち、

自分で物事を考えたり決定することは、どちらかというと苦手というか

そういう場面に遭遇することが少なかったように思います。

 

そうやって暮らしていると、自分が物事の決定権を持つ、ということが

どういうことなのか、そしてどうすればいいのか、わからないのではないでしょうか。

だから、他人と比べたり、他人よりいい成績をとることで、

自分の価値を確認する必要があるのではないでしょうか。

 

「ラゴム」をどう説明すればいいか、いつも悩んでいましたが

今回のMYLOHASさんの記事を読んで、心にストンと落ちました。

「ラゴム」の意味を知るには、とてもいい記事だと思います。

特に下記の部分はわかりやすいですね。

仕事だって、人間関係だって、物事にはバランスがあり、
自分が気持ちよいと感じるところをアクティブに見つけ、
感じ取り、そして線引きをする。
ものすごいセレブでなくても、ほどほど働き、
家族を大切にし、みんなが健康で幸せでいる。
(引用 MYLOHAS)

 

幸せの決定権は自分にある、北欧の魔法の言葉たち。

「バランスのよい暮らし」を意味する「ラゴム」。

デンマークの「ヒュッゲ/Hygge」も最近の北欧のバズワードと言われますが

ヒュッゲは自分らしい、コージーな暮らしという意味があります。

「ラゴム」はもっと全体的なバランスのよい状態を意味します。

日本語の「足るを知る」に近い意味もありますが

もっと自分にとっての心地よさが加わるように思います。

 

欧米では、デンマークのヒュッゲに続いて、スウェーデンのラゴムが

コージーなライフスタイルのキーワードになっています。

自分が物事の決定権を持ち、バランスのよい幸せな暮らしを意味する北欧の魔法の言葉たち。

「ラゴム」も「ヒュッゲ」も、自分の尺度で意味を理解するのがいいのかもしれません。

 

前回に書いた「ラゴム」の記事は、2012年です。

スウェーデンハウスの新しいコンセプトMjukの企画の際に思ったものでした。

もしよろしければ、併せてお読み下さい。

ちょうどいい「ラゴム」な暮らし方

 

Share

Tags: , , , , , , , , , , ,

Category: 北欧ライフスタイル

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *