北欧最大級のデザインイベント「ストックホルムファニチャーフェア2019」2月5日〜9日

| 2019-01-31 | 0 Comments

北欧でいちばん寒い季節に、デザインイベントが目白押しです。

2月5日から9日は、北欧最大級のデザインフェア、ストックホルムファニチャーフェアが開催されます。

このフェアは3月にイタリアで開催されるミラノサローネの前衛とも言われ

ここでの反応を見て、ミラノサローネの準備をするデザイナーもいるようです。

 

ゲストデザイナー、Neri & Hu

毎回ファニチャーフェアにはゲストデザイナーが招待されますが

今回のゲストデザイナーは、中国の上海を拠点とするNeri & Huです。

アジア系デザイナーは2013年のnendo以来6年ぶりです。

Neri & Hu によるエントランス展示では

中国特有の社会問題を浮き彫りにした展示が見られるようです。

 

新人の登竜門グリーンハウスでは、ベストパフォーマンス賞を授与

新人デザイナーの登竜門といわれるグリーンハウスは

各地のデザインスクールの学生の展示もあり、見どころ満載です。

今年からベストパフォーマンス賞が実施されます。

グリーンハウス出展のキーワードである

「Curiosity/好奇心、Innovation/イノベーション、Sustainability/サステナビリティ」を満たし、

魅力的なプレゼンテーションをしているデザイナーに授与されます。

受賞者は5000ユーロの賞金つきだそうです。

発表は2月5日にグリーンハウスのステージで行われます。

グリーンハウスのプログラムが下記リンクよりダウンロードいただけます。

 

ルネッサンス in ウッド

最近のインテリア建築界のトレンドは「ウッド」です。

スウェーデンの森にはたくさんの針葉樹があり、素材として注目されています。

多くのデザイナーや建築家が木材に注目し

今回のフェアでもたくさんの木製の家具が展示されるようです。

ゲストデザイナーであるNeri&Huがエントランス展示に設置するインスタレーションは

西スウェーデンのヴェルムランドの森の松の木が使われます。

ノルウェーのデザインスタジオAnderssen&Vollが手がけるデザインバーも

主に松とトウヒが使われるそうです。

 

デザイン&アーキテクチャートーク

デザインフェアで楽しいのは、

著名デザイナーや建築家のセミナーやトークショーをたくさん聞けることです。

プログラムには100名ほどのスピーカーが参加します。

ステージはViktoria Hallのデザインバーのとなりです。

ファニチャーフェアでは英語でのトークショーが多いので

ぜひお楽しみ下さい。

プログラムについては下記リンクをご覧下さい。

 

ファニチャーフェアの公式サイトはこちらです。

Stockholm Furniture Fair

 

同じ週に開催されるデザインウィークでも、

さまざまなデザインイベントが繰り広げられます。

Stockholm Design Week

 

Share

Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

Category: ストックホルムファニチャーフェア, 北欧デザイン&インテリア

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *