ストックホルムファニチャーフェア2019、受賞作品。やっぱりこれはお伝えしておかないと。

| 2019-02-20

ストックホルムファニチャーフェアとデザインウィークが終わって2週間が経ち、ちょっと時間が経過してでの報告になりますが、受賞作品をメインに画像でご紹介します。

 

ゲストデザイナー、Neri & Hu

まずは今回のゲストデザイナー、中国のNeri & Huのエントランス展示から。西スウェーデンのヴェルムランドの森の松の木がふんだんに使われた展示は、ブラックをメインにシックに仕上がっていました。時折見られる漢字の文字が中国らしさを表しています。こういうの欧米人にはとってもエキゾチックなんですよね。

 

ベストプロダクト&ベストプロジェクト

ベストプロダクト&ベストプロジェクトに選ばれたのは、NM& – A New Collectionです。

本来でしたら作品に贈られる賞ですが、今回は作品を含めたプロジェクト全体に贈られました。

NM& – A New Collectionはいったい何かと言いますと、5年の歳月を経てリノベーションを行っていた国立美術館が昨年秋にオープンし、美術館に展示された新しいデザインコレクションのことなのです。Matti KlenellやTAF Studioといった気鋭デザイナーたちによるプロジェクトです。

 

ベストスタンド

たくさんのブースが並ぶファニチャーフェアですが、ベストスタンドに選ばれたのは、BAUXです。

サスティナブルにこだわるBAUXのブースは、100%バイオベースの音響パネルで作られています。BAUXを率いるのは、気鋭デザイングループForm Us With Loveを中心としたメンバーです。環境に配慮したデザインのあり方を追求している彼らのプロジェクトには目が離せません。

BAUXの洗練されたビデオに見入ってしまいました。


BAUX – The Founders Trek from BAUX on Vimeo.

 

新人賞、ベストパフォーマンス

新人デザイナーの登竜門といわれるグリーンハウスでは、今年からベストパフォーマンス賞が発表されました。選ばれたのは、デンマーク出身のデザイナーNikolaj Thrane Carlsenです。

環境への影響を減らすことを目指し、力強い個性と強いビジョンを持つデザインは、グリーンハウスのキーワードである「Curiosity/好奇心、Innovation/イノベーション、Sustainability/サステナビリティ」を満たしています。

 

エルデコが選ぶ2019年ベスト・スウェーデンデザイン

今年のベスト家具

フットスツールベア

ブランド:Vitra

デザイナー:フロント(Anna Lindgren & Sofie Lagerkvist)

ユーモラスでかわいいフットスツールは、全ての家庭に安らぎを与えそうです。

 

今年のベストテーブルウェア

クリスタルマジックグラス

ブランド:Kosta Boda

デザイナー:Åsa Jungnelius

ガラスの王国と言われるスモーランド地方で作られた、エレガントで贅沢なパーティーグラスです。

 

今年のベスト照明

ライブラリー照明、カーブ

ブランド:Zero

デザイナー:フロント(Anna Lindgren & Sofie Lagerkvist)

古めかしい図書館の照明を斬新で楽しくしてくれる、遊び心の感じられる照明です。

 

今年のベストチェアー

アームチェア、Agda

ブランド:Ire Möbel

デザイナー:フロント(Anna Lindgren & Sofie Lagerkvist)

伝統的な織りの技術を使い、天然素材で美しくてすわりごこちのいい椅子を作り上げました。

 

今年のベストテキスタイル

コレクションCapri

ブランド:Svenskt Tenn

デザイナー:Lars Nilsson

テキスタイルとシープスキンを組み合わせた革新的なプリントテキスタイルを美しい色合いで表現した、ファッションとインテリアの完璧なコラボレーション。

 

エルデコが選ぶ2019年ベストデザイン全受賞作品がこちらの映像でご覧いただけます。

 

写真出典

Stockholm Furniture Fair

Elle Decoration

 

 

Share

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

Category: ストックホルムファニチャーフェア, 北欧デザイン&インテリア

Comments are closed.