当社について

スウェーデンスタイルでは、2002年よりスウェーデンのデザインを中心にスウェーデンとストックホルムの情報を発信しています。北欧とひとくくりにされがちなスウェーデンですが、それぞれの国にはそれぞれの特徴がありますので、特にスウェーデン発のフレッシュな情報を伝えたいと思っています。

早くから高齢社会を迎えたスウェーデンでは、右上がりの経済社会より、長く続く成熟した社会体制が早くから整いました。よりクオリティ・オブ・ライフな暮らしをするにはどうしたらいいのか、物質社会ではなく、本当に充実した生活とは何なのか、自分にとって幸せな暮らしとは何なのか、そういった質問の答えがこの国にあるように思います。充分な休暇を取りながらも企業が利益を上げられるのはなぜなのか、日本と同様にバブル崩壊があったのに早くに立ち直ったのはなぜか、この答えは、政府の柔軟な対応と平等な社会、人材の有効な使い方にあるように思います。この国には、日本が抱えている問題点を解決するヒントが見つかるかもしれません。

 

SPC-logo

スウェーデンスタイルは、2014年2月より(株)アンドフィーカとの共同事業として、Scandinavian Pattern Collection/スカンジナビアン・パターン・コレクションという、北欧デザイナーのパターン/総柄デザインを中心に取りそろえたコレクションの新事業を開始しました。

Scandinavian Pattern Collectionは、デザイナーと企業を結ぶ仲介、いわゆるマッチングビジネスとは異なり、各デザイナーのためにデザインディレクションやブランディングサポートを行ったり、各企業がデザインを使うにあたっての企画立案やビジネスコンサルティング業務を行ったりしていくことを、事業の強みとして展開をしていきます。また、雑誌や書籍の執筆を数多く行ってきた当社による北欧のライフスタイル提案や現地取材のコーディネート等も、オプションメニューとして取り入れていきます。

現在31名の北欧デザイナーが登録しており、豊富なコレクションが準備されています。今後はマーケットニーズに合わせて、ますますそのバリエーションを拡げていく予定です。

スウェーデンスタイル及びアンドフィーカは、北欧と日本をつなぐビジネスをそれぞれが行っていますが、双方が共通して感じ、目指していること「北欧と日本の文化をつなぎ、北欧デザイナーがベストな形で日本でのビジネス展開をするためのサポートをしていく」という点で意気投合しました。スウェーデンスタイルは拠点をストックホルム(スウェーデン)に、アンドフィーカは拠点を東京(日本)に置き、スウェーデンと日本との窓口業務を双方で行っていくことで、それぞれの強みを生かしていきます。

http://scandinavianpatterncollection.com/
https://www.facebook.com/scandinavianpatterncollection/

Share