Tag: 北欧雑貨

今年のクリスマス切手と、2010年からのクリスマス切手

| 2020-11-11 | 0 Comments
今年のクリスマス切手と、2010年からのクリスマス切手

毎年楽しみなクリスマス切手。今年のテーマは「Snart är det jul!/もうすぐクリスマス!」。クリスマスの準備が進められている小さな町の様子がモチーフです。

Read more

「やっぱりスウェーデンデザインが好き!」今の時代のよいデザインとは

| 2020-09-01 | 0 Comments
「やっぱりスウェーデンデザインが好き!」今の時代のよいデザインとは

インスタグラムで 「やっぱりスウェーデンデザインが好き!」を紹介していく中で、好きなデザインが昔のものばかりであることに気づき、リサーチ期間を持ちました。そしてその理由がやっと解明できた気がしています。

Read more

最優秀若手北欧デザイナーNovaに見る、社会問題に挑戦するデザイン

| 2020-08-18 | 0 Comments
最優秀若手北欧デザイナーNovaに見る、社会問題に挑戦するデザイン

今回の北欧インテリアフェアFormexは、コロナ禍により市内で小規模なトレンド展示とオンラインセミナーが行われています。本日は、最優秀若手北欧デザイナーNovaに選出されたデザイナーが発表されました。

Read more

秋のFormexはVolvoスタジオとデジタルで。8月17日〜22日

| 2020-08-06 | 0 Comments
秋のFormexはVolvoスタジオとデジタルで。8月17日〜22日

北欧最大のインテリアフェアFormexが8月17日から22日に開催されます。今回はストックホルムメッサ会場ではなく、街中に場所を移して小規模に行われます。デジタルでのセミナーも開催されます。

Read more

スカンジナビアン・パターン・コレクション裏話その4、SPCが形になっていくまで

| 2020-05-12 | 0 Comments
スカンジナビアン・パターン・コレクション裏話その4、SPCが形になっていくまで

北欧のグラフィックデザインと日本のものづくりを合体させることで世界一の商品が作れるのでは、と夢を語り合い、「デザインはみんなのもの」というコンセプトを伝えることを目指しながら、SPCが少しずつ形になっていきます。

Read more

スカンジナビアン・パターン・コレクション裏話その3、始まりは三人展から

| 2020-04-24 | 0 Comments
スカンジナビアン・パターン・コレクション裏話その3、始まりは三人展から

前回は、ブロキガというブランドの版権を巡って、敵対関係で出会ったのが今のビジネスパートナーというところまで話しました。敵対関係から始まったことが、どのように変わっていったのでしょうか。

Read more

スカンジナビアン・パターン・コレクション裏話その2、ビジネスパートナーとの訳ありな出会い

| 2020-04-19 | 0 Comments
スカンジナビアン・パターン・コレクション裏話その2、ビジネスパートナーとの訳ありな出会い

SPC裏話はまだまだ続きます。毎回ひとつのエピソードを中心に短めにまとめ、もったいぶりながらアップしていきます。前回はビジネスパートナーとの出会いで話しが終わりましたが、実は彼女と出会った場面は訳ありでした。

Read more

Formexのトレンド2、北欧デザイン賞を受賞したモノは?

| 2020-01-30 | 0 Comments
Formexのトレンド2、北欧デザイン賞を受賞したモノは?

Formexで発表される北欧デザイナ賞は、北欧らしさよりも世界共通の課題が審査対象になります。見た目はちょっと地味な印象ですが、選ばれた理由やその背景を見ると、その作品の魅力に少しずつ惹かれていきます。

Read more

Formexのトレンド1、未来型のコンセプトストア

| 2020-01-23 | 0 Comments
Formexのトレンド1、未来型のコンセプトストア

パリを拠点とするゲスト・クリエイターによるエントランス展示「未来型のコンセプトストア」について紹介します。新世代のショッピング志向とはどんなものなのでしょうか。

Read more

今どきのインテリアトレンドって?フランクフルトのハイムテキスタイルを訪ねて。

| 2020-01-21 | 0 Comments
今どきのインテリアトレンドって?フランクフルトのハイムテキスタイルを訪ねて。

1月にフランクフルトで開催されたハイムテキスタイルに行ってきました。ここでのトレンドはもはやグローバルトレンドです。ではいったいトレンドって何のだろうかと自問する展示会でした。

Read more